女の人

ケイ素で髪の毛がツヤツヤになる|欲張りな人は必見!

腸内環境を整えるには

白い錠剤

体の中には100兆個以上の細菌が集まりその様子は腸内フローラと呼ばれます。乳酸菌を摂ることで腸内環境をよくすることができます。腸は体の免疫細胞の70%を作ります。それにより体や心の健康を維持することができます。

ハーブ療法の効果

頭を抱える女性

更年期障害に苦しんでいても、家計に負担をかけたくないために病院での薬物治療をためらっている女性は少なくありません。そんな女性には、薬物療法よりもリーズナブルでゆっくりと薬効が現れるハーブを使った改善法がおすすめです。

近年の研究が進む成分

サプリメント

主な特徴と期待される働き

現在では健康志向を反映して、様々な成分への研究が進められています。そうした中で近年になってから注目される様になった成分の1種に、ケイ素と呼ばれる成分があります。ケイ素とは元々、地球の構成元素の主な1種として知られており、土壌や鉱物に多く含まれる成分としてのイメージが広く持たれていました。そのため最近までは、人間や生物に対する栄養素としての有効性や体内での働きに関しては解明されていない部分が多く、関係性は薄い成分とも見られていました。それが近年になって、各種植物の中で二酸化ケイ素として存在するだけで無く、人間の体内でも骨格の形成に対する有効性がある、とされる研究結果が出たと言われています。それにより、骨密度を高めて骨粗鬆症などの予防効果をもたらす等の活用が期待される成分となっています。また皮膚や血管、毛髪に爪などといった部分に対しても、弾力や柔軟性を保つ働きがあると言われています。

多く含まれる食品と摂取法

ケイ素を多く含む食品としては、玄米や小麦、トウモロコシ等といった穀類や、ジャガイモやアスパラガス、バナナといった植物性食品、海苔やひじき、ワカメといった海藻類などが挙げられます。ただしケイ素は単に食品を摂取しても、体内で吸収がされづらい成分としても知られています。主な例としてバナナの生食では、摂取した量の数パーセント程度の吸収率に留まる、とも言われる程になっています。一方で吸収率は、食品の加工や調理方法によって変化しやすいともされています。特に含有量が多い穀類の皮を使ったシリアルやビールなどでは、吸収されるケイ素は数十パーセントに達するともされます。そのため、こうした形状での食品を組み合わせる事が有効となっています。まだ不明な点も多く、最新情報による確認も不可欠なケイ素ですが、その効能からさらに有効性を証明するデータが待たれる成分となっています。

フルーツで目の健康を守る

果実

ブルーベリーはツツジ科の植物に実る青紫色の果実で、生食用として、加工食品として、あるいはサプリメントの原料としてさまざまなタイプの商品が出回っています。主要成分であるアントシアニンには目の健康を保つ働きがあり、疲れ目などの改善に効果があると言われています。